男の人

人工透析を受けよう|無理なく通える場所が大事

手術により回復

診断

良性の可能性が高い

聴神経腫瘍は音を聴く機能と真っ直ぐ歩く機能が上手く出来なくなる病気です。治療方法は主に手術が挙げられます。その手術の方法として腫瘍が出来た部位を取り除く方法が存在しています。腫瘍は良性であると思っていてもごく稀にそうではない細胞が増殖している場合もあるのです。この様に多くの種類がある中で良性であるという時は手術が終われば健康な体に戻るのです。また聴神経腫瘍はごく稀に良性では無い場合があるのです。その時の治療方法はガンマナイフという放射線治療で回復できるようになっています。聴神経腫瘍が起きる部位は脳に近い事から発見が遅れやすくなる事もあるのです。めまいや複視や吐き気や頭痛と健康な体の人でも経験した事がある症状が多い病気です。このことから細胞診をして詳しく検査をしないと診断がつかない聴神経腫瘍なのです。

健康な人にでも起きる症状

聴神経腫瘍は症状がよくあることから気がつきにくい特徴がある疾患です。脳に近い部位に起きやすい事から顔面麻痺や難聴や複視が酷くなり見え難いなど症状がかなり進行してから気がつく事があるのです。それまでは真っ直ぐ歩けないことや聞こえにくいことや見え難い事が主な症状です。これは健康な人にでも起きることから病院に行く事が後になってしまうものです。それでも回復していく事が出来れば何も無かった様に生活が出来るようになります。普段より症状がない分元気になれるのです。治療に専念する事が良い結果を持ってくるのです。脳の近くにある神経はとても大切な神経が多くあるので、日頃から小さな異変に気付き、聴神経腫瘍という病気にならないようにしていきましょう。